【イグナチイ・クノブレハル】ナイル研究の第一人者

【イグナチイ・クノブレハル】ナイル研究の第一人者

宣教師そして研究者であったイグナチイ・クノブレハル(Ignacij Knoblehar)。彼は1819年ノヴォメストにあるシュコツィヤンという村に生まれました。

彼はローマで宣教師としての教育を受け、1848年にアフリカのスーダンへ渡りました。彼は宣教師としではなく、研究者として偉業を成し遂げた人です。

彼は1848年から10年ほどスーダンで宣教師として滞在します。南スーダンの白ナイル川の近く、ホーリークロスとゴンドコロという場所に2つの宣教の場所を構え活動します。そこで彼は様々な調査や研究を行います。なんとウィーンの地理協会も道具のサポートをし、当時とても質のいい道具を使えたようで、ナイル川の測定を細かく調査しました。

そして1854年、白人で初めて北緯4度10’に到達した記録を打ち立てました。

当時ヨーロッパの各新聞で彼の探索が取り上げられ、興味深いナイル川の調査はなんども利用されるようになるのです。彼の研究は、のちにスエズ運河建設者のフェルディナンド・レセップスや、ドイツ人自然主義者アルフレッド・ブレフム、アメリカ人研究者ベイヤード・テイラーによって評価されています。クノブレハルは19世紀においてナイル研究の第一人者と言えます。

バリ民族とヨーロッパの宣教師。(Wikipedia

宣教師として、彼は多神教の信仰を持つ黒人部族に苦心しました。また奴隷貿易関係者や他のヨーロッパの商人にも邪魔が入ったようです。したがって、宣教師としては、研究者程の業績はあげられなかったのですが、彼はナイル川周辺にすむ様々な部族と交友を持っていて、特にバリ民族と多くの時間を過ごしました。彼らの言語の辞書を書いたり、彼らの文化に興味を持っていました。黒人の奴隷貿易に対して声をあげていたことがわかっています。

1850年に一度祖国に帰り、200にもわたるバリ族や他のナイル川の部族たちのコレクションを持ち帰り、それらはリュブリャナの博物館やウィーンの博物館に寄贈されました。

当時、数多くの宣教師はスーダンでマラリアによって命を落としていました。危険と隣り合わせの中、研究を行ったのです。彼もスーダンから帰国後、病に苦しみ、39歳の若さでこの世を去るのです。

残念なことですが、彼の調査やコレクションはときを経て私たちに届いています。

スロベニアの偉大な人物カテゴリの最新記事