新たなコロナ規制でクリスマスマーケットが閉店に!

新たなコロナ規制でクリスマスマーケットが閉店に!

ハッピーディッセンバーのスロベニアで11月26日にはイルミネーションが点灯し、出店がオープンしていましたが12月3日、コロナ感染者の増加を受けクリスマスマーケットは無しとなりました。正直がっかりです。

去年の今ごとは門限があったスロベニアです。21時から6時まで外出禁止で、今年こそは「普通の」楽しい12月を味悪と思ったのに。ただ出店はダメだけど、焼き栗だけは販売OKというなんとも謎なルールなんです。

もちろんホットワインやホットジンを出したら人が集まって騒ぎ出してしまうかもしれないけど、PCTを満たしていれば問題ないのではと思ってしまいます。

今スロベニアでは、PCTと言って、感染済み、ワクチン接種完了、検査で陰性のいずれかの証明がないと飲食店やショッピングモールなどへ出入りできません。

秋口からスロベニアだけではなくヨーロッパでコロナウイルス 感染拡大が広がり、しかも新たな株オミクロンも出てきて緊急対策が取られています。

お隣ドイツやオーストリアでは?

スロベニアよりも先に、ドイツでもクリスマスマーケットは禁止、そしてワクチン接種を完了してない人のたちの行動規制が強められ、事実上のワクチン接種義務化が進められています。

お隣オーストリアは11月22日から20日のロックダウン中です。その後ワクチン接種者のみ行動が自由になるそうです。そして2022年の2月からはワクチン接種を義務化するよう政府は動いています。しかし4万人以上が義務化反対のプロテストをウィーンで行っていて、荒れている印象です。

スロベニアのワクチン接種率

person getting vaccinated
Photo by Gustavo Fring on Pexels.com

専門家はワクチンを打つことが感染拡大を防ぎ、もし感染した場合でも重症化のリスクが減るといっています。しかし12月3日の時点で人口の55%だけが接種完了済みなんです。58%の人は1回目完了していますが、本当にワクチンを一回も受けていない人が多いと驚いています。ちなみに312800人の方が3回目の接種を終えています。

5歳から11歳の子供へもワクチン接種可能に

スロベニアでは去年と今年の9月から12月のデータをみると子供の感染率がおよそ10倍に増えてしまったのです。これまで80人の児童が集中治療を受けていて、そのうち49人に多臓器炎症症候群や心筋炎などの合併症を引き起こしているそうです。健康でスポーツなどをしている活発な子供でもこのようなケースがあったり、最年少は生後4ヶ月の赤ちゃんで、最長は18歳だそうです。

来週には5歳から11歳までコロナワクチン接種が可能になるといいなと小児科医は思っています。繰り返しますが、ワクチンを打って集団免疫をつけることが事態を終息させるからです!

最後に:

個人的にいうと、ワクチンを打って国のルールに従い証明書を持ち歩き、手も消毒するしマスクもきちんと鼻までしているので、そういう人たちが我慢する必要はないのではと思います。

クリスマスマーケットに関していえば、ワクチンを打ってない人のみ参加禁止というのがフェアだなと思うのです。

毎年毎年感染者は出るでしょうから、感染者数だけを見ないで欲しいですね。あまりにも厳しいと本当に経済や精神的に悪影響ですからね。

スロベニアの今カテゴリの最新記事