地元の人に愛されているスロベニアのドーナッツ「クロフ」

地元の人に愛されているスロベニアのドーナッツ「クロフ」

クロフはスロベニアの揚げドーナッツです。伝統的なものはふわふわの生地にあんずジャムを入れて揚げて作る、シンプルなのに病みつきになるスイーツです。

スロベニアを初め、スラブ圏の国や他のヨーロッパでは、「プスト」と言う期間があるのですが、そこでなぜか必ず食べられるのがこのクロフなのです。箱詰めになってお店で売られるのをよく見ます。

パン屋さんや普通のスーパーでの年中売られているクロフですが、ブレッドのクレームナレジーナの様にトロヤネのクロフが名物として知られています。「もしトロヤネにきてこのクロフを食べないなんてありえない」と思われるくらい有名なんです。

ややこしいですが、トロヤネとは街の名前でもあり、クロフを提供しているレストランの名前でもあります!

トロヤネのクロフ

1961年にトロヤネでクロフが販売されました。当時のレストランでは自家製ソーセージ、ゴラシュなど、お家でもできる様な食事を提供していたそうですが、このトロヤンで働いていた女性が温かく、新鮮で、香りがいいスイーツでゲストを驚かせてあげたいな、という思いでできたのが始まりだそうです。

60年経った今もレシピはほぼ同じで、保存料などは使わない自然の材料で仕上げているそうです。伝統的なものは記事にマーマレードが入ったものですが、いまはチョコレートでコーティングされ中はカスタードクリームが入ったもの、マーマレードの代わりにブルーベリージャムが入っているものもあります!

ちなみに全部試した私が好きなのは写真のチョコレートクロフです!上にココナッツパウダーがかかっていますが、いまはそれなしでも注文できます!

地元の人にも観光客にも大人気で売上を更新中!

トロヤンのクロフは1961年に販売されて以来、2021年、なんと1億4000万個も製造されているんです!スロベニアの人口はおよそ200万人なので、一人当たり7個食べてた計算になりますね。

季節によって差がありますが、なんと日に2000個から23,000個も売れるそうで、大体は伝統的なマーマレードが入ったものだそうです。シンプルなものは鉄板の人気というわけですね。

また16年前には高速道路建設があり、お客様が離れることを心配し多くの人は反対したそうです。しかし逆によりアクセスが良くなったので、多くのスロベニア人、または外国人観光客が来る様になったんです(本当に大きなバスが止まっているのをよく見かけます)。

もともとこのトロヤンという場所はスロベニア第4の都市ツェリエ、首都リュブリャナをつなぐ場所にあり、オーストリア=ハンガリー帝国時代は非常に交通が活発な場所でした。その19世紀当時の交通手段は馬車。移動中の休憩や宿泊のため一回は食堂、2回は宿、外には馬小屋が建てられ、当時からしても大きく立派な施設だったそうです。

本当に大きなレストランで、個人客はもちろん団体客も楽々食事できる広さです。そしてこのトロヤネを大きくしたのは美味しいクロフ、ドーナッツといっても過言ではないのです!

リーズナブルでお腹も満足

トロヤネのクロフはお値段1.8€。サイズ大きくお腹も大満足です。テイクアウトもできます!

残念ながら日本の方が足を伸ばすほどまだ有名になってはいませんが、ぜひトロヤネへきたら立ち寄るべきです!またスーパーでクロフは売っているので、ぜひスロベニア風の揚げドーナッツを試して欲しいです。

トロヤネ場所と営業時間

営業時間

レストラン

月〜木:7:00〜20:00

金〜日:7:00〜21:00

クロフ販売所

月〜木:6:00〜20:00

金〜日:6:00〜21:00

住所

GOSTINSKO PODJETJE TROJANE, D.O.O.
Trojane 11,
1222 TROJANE
SLOVENIJA

スロベニア料理カテゴリの最新記事