スロベニアのお正月

スロベニアのお正月

あけましておめでとうございます!お正月、初詣に行き、日本はおせち料理やお雑煮を食べながらお家で過ごすのが一般的ですよね。スロベニアでは新年は家族で厳かに過ごすというよりは、気楽に美味しいものを食べながらカウントダウンをして過ごすという感じです。1月1日は逆に、寝不足で疲れている人が多いかもしれませんね。今回は少しスロベニアのお正月をご紹介します!

新年の挨拶

happy woman hugging her friend
Photo by Mikhail Nilov on Pexels.com

日本では「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」が定番挨拶ですよね。スロベニアでは、「Srečno novo leto!」これはハッピーニューイヤーという意味で、必ずその年の「健康喜びを願ってます」的なことを言います。”Želim vam veliko zdravlja in veselja”というのがスロベニア語です!

基本的にはハグをしてほっぺに3回チュッチュとします。ハグをしなくとも握手をしたりしますが、この握手はしっかりと手を握るのが、相手をリスペクトしているという意思表示になります。この握手を全然ブランとすると逆に失礼な印象を与えるそうです。

年越し料理

新年の豊作、豊かさ、幸運、成功などおめでたいことを願って出される年越し料理。豪華にするのがスロベニアの伝統ですが、この豪華は品数が多くテーブルが溢れそうなくらい料理が並ぶ、という意味ではありません。

近年では豪華は数を表しますが、ここではしっかり丁寧に美味しく作り上げた料理が豪華を意味します。従って、品数は少なくても大丈夫です。奥が深いですね。

クリスマスの時と同じように豚肉料理、甘いものを食べるそうです。おめでたい時は豚の丸焼きを食べることもあり、冬には豚の頭も売っているんですね。ちなみに、肉が柔らかく美味しいので子豚を丸焼きにするそうです。

最近はなぜかタルタルステーキを食べるのが多いんです!タルタルステーキは生の牛肉を細かく切って、スパイスなどで味付けをしたもので、ユッケの感じと思ってください。温めたパンにバターを塗ってこのタルタルステーキを乗せて食べるのですが、この味付けが難しいらしいですね。市販のものと手作りのものでは全然味が違うし、なんと今年は生にくのおかげで病気の人が多かったそうです( 汗)

しかし大事なのは簡単でも美味しいものを準備してお酒を飲みながらカウンドダウンをすることです!

2021年もコロナウイルスで大変な思いをされた方も多いと思いますが、2022年はこの状況を打破しより良い年にしましょう!

今年もよろしくお願いいたします。

スロベニアの習慣カテゴリの最新記事