ブレッドから車で20分行ったところに、ボヒンという街があります。そこはスロベニアで唯一の国立自然公園区域に指定されている場所の一つで、スロベニアで1番大きい氷河湖があり、周囲は山々に囲まれ、アルプスも見える事ができる、スロベニアの自然を堪能できる美しい場所です。歩きやすい服装で出かけて行きましょう!

観光地としてはブレッドが人気で、その施設なども充実しているとも言えますが、実は地元の人にはボヒンの方が人気だったりします。美しい場所ですので少しご紹介します。

広告/Sponsored Link

ボヒン湖

ボヒンの見所は何と言っても、ボヒン湖。上から見ると横長に伸びていいますが、周辺を歩くとその水の透明さから泳いでる魚が見えたり、夏は自由に泳ぐこともできます。最近ではサップボートを楽しむ方も多いです。秋は紅葉、冬も美しい雪景色が見えて、ゆっくり湖を鑑賞するのも素敵です。

ボヒン湖には希少なマスなど、10種類の魚が生息しています。一番深い場所はなんと45メートル。自然の循環で、1年に3回、湖の水は入れ替わっていることになります。水源はサヴィッツァの滝(slap Savica)で、湖の西側にあります。

違うアングルから見た湖。正面を見据えると、スロベニアで一番高い山、トリグラウがあるユリアンアルプスが見えます。

ボヒン湖のオススメの楽しみ方

広告/Sponsored Link

① 湖散歩

湖の周辺には小道が作られており、およそ2時間半で湖を一周できます。一周しなくとも少し歩いたり、サイクリングをして綺麗な景色にうっとりするのがオススメです。

② 水遊び

ボヒン湖ではレンタルボートサービス、ボートツアー、また自由に泳いでもいいので、夏の暑い日にはぴったりの過ごし方です。キャンプ場もあるので夏はアクティブな休日や自然の中で休暇を過ごそうとするご家族など国内外の観光客で賑わいます。

 

広告/Sponsored Link

ヴォーゲルビューポイント(Vogel view point)

ヴォーゲルはスキー場なのですが、冬に行く必要はありません。もちろん冬にスキーを楽しむのも素敵ですが、春や秋は様々な草花が見れますし、たくさんのハイキングコースがありますので、1年を通して楽しめます。

ゴンドラで一気に頂上まで向かえば、ユリアンアルプスやボヒン湖の壮大な景色、放牧されている牛たちがお出迎え。

触られても穏やかな牛たち

大人一人あたり往復ケーブルカーチケットが28€となっています。このチケットがあれば、ヴォーゲル内のリフトも使えますので、疲れることなく散策できます。

ボヒンへのアクセス

首都リュブリャナからは電車とバスでボヒンへ行くことができます。電車ではおよそ1時間半、バスでも大体そのくらいかかります。バスのほうが便が多いです。チケットは往復で14€となります。

車で行く場合はおよそ50分で到着となります。

今、バス会社では観光客の皆様のためのスペシャルパッケージも販売開始となります。35€で往復バスチケット、ヴォーゲルのケーブルカーチケット、ボートツアー、ランチなどが含まれたお得なチケットです。リュブリャナから日帰り旅行を計画する方にはぴったりのプランですね。

Visit Bohinj Standard Package. Get all the info and buy your…

ぜひブレッドからもう一足伸ばしてボヒンまできて見てくださいね。