ポティッツァが世界で広まった出来事

最終更新日

定番のくるみのポティッツァ(https://okusno.je)

スロベニアに住んでいればポティッツァはもはや当たり前のスイーツで、「え、知らないの?」というレベルなんですが、スロベニア事態があまり知られていない中で、このスイーツが広まった出来事がありました。

アメリカ合衆国元大統領ドナルド・トランプの妻で、元ファーストレディーのメラニア・トランプ夫人がスロベニア出身ということはご存知でしたか?彼女はスロベニアのセウニッツァ出身で、クロアチアに近い、スロベニアの東側にある町の出身です。本当にのどかな場所であのきらびやかでゴージャスな夫人とは結びつかない場所です。

彼女とフランシスコローマ法王のエピソードがポティッツァをアメリカで(少し)有名にしました。2017年メラニア夫人が大統領と、大統領補佐官の娘、イヴァンカ夫婦と一緒にローマ法王に謁見したとき、法王はメラニア夫人に「ご主人に何を作って差し上げているのですか?ポティッツァですか?」と聞いたらしいのです。メラニア夫人も通訳の方もジャーナリストも最初は戸惑ったようなので、「ピッツァ?」と聞き返しているんですね。しかしそこはメラニア夫人、ネイティブスロベニア人なので法王を理解し、「ああ、はい。」と答えてます。

通訳者やジャーナリストはこのポティッツァをピザを混同し、ジョークで「ピッツアゲート」なんて言われています(笑)事実、法王はポティッツァが大好きで、スロベニア人のお客様が来た時はこのことをお伝えするそうです。

スロベニアのことは本当に知られていない中で、法王がユニークなジョークを夫人にしたなんて、感動です。

実は1880年代以降に多くのスロベニア人がアメリカへ移民として渡ったのですが、特にオハイオ州では大きなコミュニティーがあるそうで、彼らはスロベニアの伝統を受け継ぎ、ポティッツァを作って食べているそうです。私も実際アメリカ人のお客様をガイドしたとき、おばあちゃんから受け継いだレシピを使ってるんですよ、と教えてもらいました。

個人的にはメラニア夫人がトランプさんにポティッツァを焼いているなんて想像できないですけどね。

コメントを残す