スロベニアの人口

最終更新日

grayscale photography of people walking near buildings

RTVSLO のニュースで人口について記載していたのでメモします。

2021年1月1日の時点で人口は2,108,977人だそうです。そのうち1,940,326人がスロベニア国籍を所有していて、その他は外国人となっています。スロベニア国籍の方の割合は、男性1,059,938 人、女性1,049,039 人です。女性の割合が年々減少しているそうです。一方外国籍の女性は57.742人だそうで、外国籍人口のうちのおよそ34%となり外国籍男性の方がまだまだ多いですが2020年4月から増加しているそうです。

2020年の最後の3ヶ月で、7,028人がスロベニアへやってきて、逆に5,562人のスロベニア国籍所有者が海外へ引っ越して言ったそうです。これは2019年の同時期と比較すると、スロベニアへやってきた人の割合は5%少なくなったそうです。

また出生数も2019年の最後の3ヶ月と2020の同時期と比べると4,7%低い4,480人で死亡者数は64,8%も高くなった8431人となっています。結婚するカップルや離婚するカップルも同時期と比べると少なくなっているそうです。

私の周りではベビーブームなので、出生率の低さは驚きでした。スロベニアは収入に応じて子供が18歳になるまで手当が出ますし、幼稚園も1歳から入れてこれもまた収入によって値段が異なります。そしてお父さんも2週間、お母さんは3ヶ月育休が義務でもらえますし、残りの9ヶ月は両親でどのようにとるかも決めることができるので子育てをする環境が整っていると思いきや、出生率は減少傾向なのですね。日本と似ている傾向です。

スロベニアは子供を持つ際に、結婚しないカップルが多いです。10年付き合っていても結婚はせずに家族がいたりするのは普通ですので、そこは日本とは異なりますね。

今の所スロベニアが少子化対策に力を入れている風には見受けられません。また最大の今の課題はコロナのおかげで低迷した経済の復興やワクチン供給ですので、それもどのように解決するか見守っていきたいと思います。

コメントを残す