お肉好きにはたまらない、ボグラッチ

まだまだ続きます、スロベニア料理特集(笑)。ボグラッチ(Bograč)はスロベニアのプレクムリエ地方の郷土料理(伝統料理)です。写真の赤いところがプレクムリエになります。

スロベニアの北東部で国境はハンガリーに接しています。したがってハンガリーの影響を受けておりスロベニア語の方言も強く(スロベニアではハンガリー語はとても理解できない言語ってジョークされます。実際日本語と語順が似ているなどスラブ語とは全然違う特徴をもつ言語です)、ちょっと理解できないんですね(笑)ですが、スロベニア人大好きな料理がいっぱいです。そしてこのボグラッチ、ハンガリー語では、「羊飼いの鍋」という意味があるんですよ。

シチューの分野に入りますが、最大の特徴は原材料に3種類のお肉が入ること。牛肉、豚肉、そしてジビエ類(イノシシや鹿など)が入るんですね。その他の原材料はじゃがいも、玉ねぎ、にんにく、パプリカ(ハンガリー料理でもパプリカは多用されます)となっています。

ゴラシュ(Golaž)と言われるこれもまたハンガリーから来たシチューがありよくごっちゃにされるのですが、ボグラッチでは玉ねぎはラードで炒めること、そしてじゃがいもは他の材料(お肉)と一緒に茹でること、という特徴があります。

そしてもうひとつボグラッチの特徴は、野外で、「適切な鍋」で料理すること。しっかり火を起こしてその周りをみんなで囲みながら出来上がりを待てば、思い出に残るキャンプができそうです。

このような感じでボグラッチは作ります。

レストランでは、このミニサイズで出してくれるところもあります。一皿食べるだけでもしっかりお腹にたまり温まります。プレクムリエのワインと合わせれば無限に食べられそうです。シンプルでありながら、なかなか一品料理として定着しないシチュー、ボグラッチをスロベニアでぜひ試してみてください。

*参考にした記事は、Dostop.siの下の記事です。

コメントを残す