woman standing on green grass

セミアルプス地方の特徴

アルプス地方に続く地域、プレアルプス地方。自然はアルプス地方に似ていますが、”社会”を見てみると結構違いがあります。海面から低く、傾斜が少ない土地で大体は平らな地表があり、気候も穏やかなため移住地として、そして産業地としてもポテンシャルが高い地域と言えます。

基本的にプレアルプス山岳地方(Predalpska hribovja)リュブリャナ盆地(流域)(Ljubljanska kotlina)の二つに分けられます。

プレアルプス地方はユリアンアルプスの南部から始まり、なんとイタリアの国境まで細長く伸びています。中部、東部と伸び、そこから北へとオーストリアの国境まで広がっています。したがって、プレアルプス山岳地方は細かくいうと、3つに分けられます。中部に入っているのが、リュブリャナ盆地となっています。


プレアルプス地方はアルプス地方よりも地質学的に豊かです。山には石灰岩の他に、不浸透性の堆積物、火山岩、変成岩、流域の底には川の堆積物でいっぱいです。海抜が低いのでそこまで気温差などは激しくなく、中度の大陸性気候です。しかし、西部はアドリア海の影響を受け、北東部は高山性気候の影響を受ける傾向が強いです。
リュブリャナ盆地または山岳地方は人口が多く、気温が変わりやすいです。またこの地域は産業が一番スロベニアで密集しているので、経済が発展しています。

プレアルプス地方の地表や気候環境は、植物の生育にも最適。プレアルプス地方の山々はスロベニアで最も森林に覆われた土地なのですが、その頭頂部は森林限界には達していません。移住地拡大のため、(山の上の方にも広がっています)太陽が当たる日当たりのいい場所にある森は縮小し、野原や牧草地に変わっている場所もあります。このような現象は、特に盆地であったり川がある谷(といいうのでしょうか)がある場所で顕著で、森の縮小はかなりの進んでいます。そして狭い渓谷は、移住地や産業ちが密集しているので、川の水が少し汚染されているため、水力発電の可能性があります。

アルプス地方との社会的な違い

プレアルプス山岳地帯は小さな盆地と山脈の麓に人口が密集しています。アルプス地方とは違い、谷(渓谷)だけではなく太陽の当たる場所や山腹、山の頭頂部など整備された場所全てに移住地が広がっています。谷の上の方へ行くと移住地は少なくなり、たくさんの村があるというよりは、集落や個人農家があるという感じです。

やはり決定的に移住地として発展しているのはリュブリャナ盆地です。ここは街、その他の村などが成長していて、地域の移住地の都市化が進んでいます。しかし経済には2面性があります。プレアルプス山岳地帯では家畜や林業が発達し、多くの盆地や谷(渓谷)などでは産業とサービス業が発展していることです。交通も他の方面に比べると発展しており、リュブリャナ盆地は高速道路のネットワークとなっています。従って、産業、交通、仕事の面においてもスロベニアで一番重要な場所だと言えます。

コメントを残す