プレシェーレン広場

プレシェーレン広場はリュブリャナ旧市街の入り口、リュブリャナのハート、心とも言える場所です。リュブリャナの中心とも言えるこの広場に入れば、主要な観光スポット、町歩きができます。

プレシェーレンって?

広場の名前にもなっている、フランツ・プレシェーレンですが、彼の銅像が広場に立っています。彼はスロベニア人なら誰もが知っている詩人です。専門は法律で弁護士だったのですが、彼が名を知られたのはスロベニア語で書いた詩。国歌の歌詞にもなっている彼の詩はスロベニア国民の心に届く、美しいものでした。彼の命日は文化の日として祝日となっています。

リュブリャナは1895年に大地震が起き、まちの4分の3が崩壊したと言われています。今目にしているプレシェーレン広場やその周辺もその後に再建されたものです。よりモダンで丈夫で合理的なデザインになったと思います。

プレシェーレンの銅像はスロベニアを代表する建築家、マックス・ファビアーニによって設計され彫刻家イヴァン・ザイツが作成しました。なかなかの迫力ですよ。

見所が広がる広場

この広場に着いたらもうリュブリャナ観光はあなたのもの!リュブリャナを代表するモニュメント、カフェ、写真映えもする旧市街の小道、街の中心を流れるリュブリャニッツァ川沿いに立ち並ぶカフェ、リュブリャナ各地の名産を販売しているお店、レストランが徒歩で観光できます。

ガイドブックにも載っている三本橋、中央市場、市庁舎も目と鼻の先です。バロック様式の建物が立ち並ぶ200メートルほどの道も目の前です。

旧市街でありながら現代的な雰囲気あふれるこの場所は街の活気、スロベニアのエネルギーを感じられる場所です。

広場の前に放射状に伸びる三本橋

コメントを残す